スタッフブログ 2015.03.30 (月)
今月26日に大阪でも桜の開花日となり、来月の2日頃が満開予想日だそうですね( ^)o(^ )
やっと気温も暖かくなり、気分もウキウキです
なので今週の週末にお花見しようかな~と予定を立てていたのですが、
今のところ・・・あいにくの曇り・雨マークですね・・・
青いお空ときれいな桜を見上げながら、お花見できますように。。。

と、そんな感じでインターネットで天気予報をチェックしている際に
へへ~と思える記事をみつけました( ^)o(^ )

犬にも厄年があるなんて知らなかった!犬にも厄年があるらしい?

このまとめ記事を作ったのはP&Gのペットフードでおなじみのアイムスさんだそうです。

人の厄年も年齢の節目で何らかの不調が出やすい時期と言われていますが
ワンちゃんにも同じことが言える、のは確かに納得ですね(ーー)

“病気や老化の症状が出やすい年は7歳、10歳、13歳。健康に注意する年という発想から「犬の厄年」と言われている”

つまりわんちゃんの年齢を人間齢で換算すると
7歳は人間でいうと44歳くらい
10歳は56歳、13歳は68歳くらい
さらに大型犬のわんちゃんはさらに+10歳くらいになります。

産まれた時から同じフードを食べているのに、このくらいの年齢になって急に
消化不良を起こして下痢になるなんてどうして?なんてこともありますが
よくよく考えてみたら10代の時は焼き肉をたくさん食べても胃もたれしなかったのに
今は脂っこい物が少し胃にくるように・・・こんな経験ありませんか?

わんちゃんも同じことなんですね
年齢・ライフステージに合ったお食事・生活に変えてあげないといけないですね

そしてこの頃から健康診断も1年に1回はしてあげると
去年のデータと比べられるので目には見えない変化を知ることができますっ

血液検査は10分~15分ほどで検査結果も出てくれるので
この春、一緒にされてはいかがでしょうか??

フィラリアの検査の採血の際に一緒にすることもできますので
お気軽にお声掛けくださいね( ^)o(^ )