スタッフブログ 2017.08.16 (水)
こんにちは(^-^)/
各地で花火大会やお祭りが開催されていますねー
夏を感じます(´ω`人)

今回は暑くてジメジメした季節に多い病気のひとつである外耳炎についてお話したいと思います

外耳炎は軽度なものから、耳がただれ強烈な痒みを伴うものまであります
さらに重度になると中耳炎や内耳炎と進行し顔面神経麻痺や平衡障害などを
引き起こすこともあるので、けして侮れない病気です(*`ェ´*)
早期に発見し治療すれば良い経過をたどることが多いですが放置しておくと
慢性化して治りづらくなることもあります

外耳炎の原因として多くみられるものをふたつ紹介します
まずひとつめはマラセチア菌の繁殖によるものです
健康なわんちゃんねこちゃんでも体に常在する菌ですが、
いろいろな要因で異常繁殖すると病気を引き起こします。
脂質を好み高温多湿の環境で活発になるので
皮脂の分泌が盛んな垂れ耳のわんちゃんねこちゃんは要注意ですo(`ω´ )o
耳の中に湿っぽい黒褐色の耳垢が発生して独特の発酵臭を伴います。

ふたつめは耳カイセン症といって耳ダニとも呼ばれるものです
耳の中にダニの一種が寄生し、激しい痒みを引き起こします。
耳の中には黒っぽい乾燥した耳垢がみられます。
耳ダニは感染力が強く、他のわんちゃんねこちゃんにもうつってしまうので注意が必要です(`・ω・´)

通常健康なわんちゃんねこちゃんの耳に耳垢はほとんどないことが多いです
定期的に耳垢の量や色などをチェックして耳垢が目立つ場合は早めに治療をし、
耳毛の多いわんちゃんは美容室か動物病院で耳毛を抜いてもらい通気性を良くしてあげることも
外耳炎を予防するうえで必要です(*^_^*)

また、日頃の間違ったお手入れが外耳炎の原因になっている可能性もあります
例えば、シャンプー後の拭き取りが不十分だったり
ティッシュでぐりぐり耳垢を掃除したり
乾いた綿棒を耳の奥に突っ込んで掃除するなどしていませんか?((´・ω・`;))

正しい耳掃除の方法は、専用の耳洗浄液を数滴耳の中に入れて、耳の付け根をやさしく揉みます
そうすると耳の奥にある汚れが浮き上がってくるので、
浮き上がってきた汚れをコットンでやさしく拭き取ります

耳の中は傷つきやすくデリケートな部分なので、決して強くこすったりしないようにしましょう
おうちでの耳掃除が難しいわんちゃんねこちゃんは、当院でも耳掃除を行っていますので、
お気軽にお声かけくださいね(=゚ω゚)ノ